ニュースNews一覧

2021-06-01定期健康診断事後措置の意見(就業判定)について
弊社では労働安全衛生法に基づき、定期健康診断の結果を受けた就業判定を医師が行っております。大規模事業所から、産業医の選任義務のない50人未満の事業所まで、規模に関わらず迅速に施行が可能です。お気軽にお問い合わせください。
2019-09-01 こころの相談窓口について
弊社「こころの相談サービス」契約中の企業の従業員様へ:相談希望の方は弊社ホームページの「お問い合わせ」から企業名、相談者様の氏名、連絡用のメールアドレス、相談内容をご記入のうえ送信してください。
2019-01-01グループ内で精神科心療内科のクリニックを開院
平成30年12月より奈良県の王寺町にて精神科心療内科のクリニックを開院しました。どうぞよろしくお願いいたします。「奈良王寺メンタルクリニック」https://naraoji-mental.jp/
2018-03-01 レンタルスペース始めました
弊社事務所を改装し、一部スペースを会議室、面談室として整備しました。未使用時にはレンタルスペースとして開放いたします(有料)。最大18名まで会議や研修、セミナー他、種々目的でお使いになれます。
2017-11-01 ストレスチェックのスポット面談について
ストレスチェック面談は事業場の産業医がすることが一般的ではありますが、産業医が遠方、専門外、いない、などの理由で実施できないことがあります。弊社では所属医師により、面談のみの実施も可能です。
2017-04-01ストレスチェック実施の支援
 弊社はストレスチェックの実施の支援を行っております。実施から結果通知だけでなく、所属医師による医師面談も対応可能です。ストレスチェックを導入・検討中の企業担当者様はお気軽にお問い合わせください。
2017-01-01産業医・顧問医業務の受託について
労働安全衛生法に基づく企業の安全衛生管理体制確立の支援を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
2015-05-07 ご挨拶
初めまして。株式会社こころソリューションです。 「人々が健全な心で本来の力を発揮する」ことに貢献したい、という思いで平成27年4月、設立に至りました。 どうぞよろしくお願いいたします。 右、ピックアップにも記載いたします。ご覧ください。
ホーム > ピックアップ > 「7つの習慣」について

「7つの習慣」についてPickup

書店には自己啓発関連の書籍は多くあります。そういった本で刺激を受けて意欲を高め、また自分自身を成長させ、良好な人間関係の構築や仕事での活用につなげてゆけるとよいですね。
最近はアドラー心理学も脚光を浴びていますが、重複する考えが多いように感じます。

第1の習慣「主体的であること」
自分自身の性格や行動は、勿論育ちや家庭環境、過去の経験に影響はされるものの、結局自分の性格や行動を決めているのは自分自身であり、自分の選択の積み重ねの結果であるのです。
対人では自分のやり方を変えれば相手も変わるし、状況に対しては自分が行動を起こすことを意識することで責任感が生まれ、主体的な行動が生まれてくるのです。

第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」
せっかく努力しても、方向性やゴールを意識しなければ間違った方向に向かうこともあります。ブレずに明確な目的を考え、その達成に向かうべく、人や自分を導くリーダーシップが必要なのです。迷った時には自分だけの人生の目的を見つけるために日々の生活の中心を自覚し、行動意識を持つようにと説いています。
中心には自分自身の原則を置くべきとコヴィーは言っていますが、公正さや誠実、勇気、貢献、などの価値観が挙げられそうです。

第3の習慣「最優先事項を優先する」
多忙な毎日を送ると、その時は充実はしても人生を後で振り返って、「あれもしたかった」「これもしたかった」となっていまいます。「緊急ではない重要なこと」に時間を使うとよいとされています。
時間の管理や予定をこなすこと、は目的ではありません。自分の役割と目標を設定することが重要です。

第4の習慣「WinWinを考える」
自分の利益を主張するばかりでは周囲の信頼は得られません。幸せの量は一定ではなく、作り出してゆける、という発想を持ち、誠実さをもって人に「与える」ことのできる人は最も豊かになれます。
WinWinの達成のために、基礎となる自分の人格が充実していること、互いの信頼関係が強く結ばれていること、双方の合意がなされ実行協定が成立していること、関係を継続するしくみが円滑に機能していること、結果に至るために望ましいプロセスをたどっていること、の5つが柱とされています。

第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」
本当の信頼を得て自分の影響力を発揮するには、まず相手の話を深く聞く必要があります。
自分の経験や思い込みで聞くことやめ、相手を理解したいという誠意をもってきく共感による傾聴が必要です。

第6の習慣「シナジーを創り出す」
人と組んで何かをする際には、共通点ばかりに目を向けるのではなく、相違点をぶつけ合わせながら互いの良さを生かし、シナジー効果で大きな成果を得ることが必要です。
相手との違いを尊重することが重要で、また「第3の案」を生むのは忍耐がいることですが、妥協せず自分の原則は守りながらも根気よく接しながら、違いを尊重してシナジーを創り出せることが望まれます。

第7の習慣「刃を研ぐ」
これまでの習慣でより大きな成果を出すために、日々自分を高め鍛えることが重要です。食事・休養・運動によって身体をメンテナンスするということ(肉体を磨く)、心を静めて自らの価値観を深く見つめること(精神を磨く)、知識を増やして情報選択・収集力を身に付けること(知性を磨く)、他人との関係を強化し心の平安を保つこと(社会・情緒などつながりを磨くこと)、が重要です。

このページのトップへ