ニュースNews一覧

2021-06-01定期健康診断事後措置の意見(就業判定)について
弊社では労働安全衛生法に基づき、定期健康診断の結果を受けた就業判定を医師が行っております。大規模事業所から、産業医の選任義務のない50人未満の事業所まで、規模に関わらず迅速に施行が可能です。お気軽にお問い合わせください。
2019-09-01 こころの相談窓口について
弊社「こころの相談サービス」契約中の企業の従業員様へ:相談希望の方は弊社ホームページの「お問い合わせ」から企業名、相談者様の氏名、連絡用のメールアドレス、相談内容をご記入のうえ送信してください。
2019-01-01グループ内で精神科心療内科のクリニックを開院
平成30年12月より奈良県の王寺町にて精神科心療内科のクリニックを開院しました。どうぞよろしくお願いいたします。「奈良王寺メンタルクリニック」https://naraoji-mental.jp/
2018-03-01 レンタルスペース始めました
弊社事務所を改装し、一部スペースを会議室、面談室として整備しました。未使用時にはレンタルスペースとして開放いたします(有料)。最大18名まで会議や研修、セミナー他、種々目的でお使いになれます。
2017-11-01 ストレスチェックのスポット面談について
ストレスチェック面談は事業場の産業医がすることが一般的ではありますが、産業医が遠方、専門外、いない、などの理由で実施できないことがあります。弊社では所属医師により、面談のみの実施も可能です。
2017-04-01ストレスチェック実施の支援
 弊社はストレスチェックの実施の支援を行っております。実施から結果通知だけでなく、所属医師による医師面談も対応可能です。ストレスチェックを導入・検討中の企業担当者様はお気軽にお問い合わせください。
2017-01-01産業医・顧問医業務の受託について
労働安全衛生法に基づく企業の安全衛生管理体制確立の支援を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
2015-05-07 ご挨拶
初めまして。株式会社こころソリューションです。 「人々が健全な心で本来の力を発揮する」ことに貢献したい、という思いで平成27年4月、設立に至りました。 どうぞよろしくお願いいたします。 右、ピックアップにも記載いたします。ご覧ください。
ホーム > ピックアップ > 受動喫煙

受動喫煙Pickup

 受動喫煙とは、自分の意志にかかわらず、身の回りのたばこの煙を吸わされてしまうことを言います。注目すべき点は、喫煙者がたばこのフィルターを通して吸い込む煙(主流煙)よりも、喫煙者が吐き出す煙やたばこから立ち昇る煙(副流煙)のほうがずっと多くの有害物質が含まれており、周囲の人がその被害を受けてしまうことです。

 2020年の東京五輪に向けて受動喫煙対策が進められており、2016年10月に厚生労働省が発表した受動喫煙対策の強化案では、官公庁や運動施設などは建物内での禁煙を義務とします。飲食店や事務所などは、分煙ではなく原則建物内を禁煙とし、隔離した喫煙室でのみ喫煙を認めるとされています。現在は努力義務となっている受動喫煙対策に罰則を設け、施設の管理者だけでなくたばこを吸った人にも適用する意向です。

 同省の推計によれば、受動喫煙による死者は国内で年間1万5030人に達するとされています。このうち虚血性心疾患は4459人、脳卒中は8014人で、肺がんの2484人よりも多いです。

 世界では公共施設などでの禁煙を法制化する国が増えています。東京五輪の前にはラグビーW杯の国際的イベントもあり、世界から日本の状況が注目されるのは必至で、政府は対応を迫られています。

このページのトップへ