ニュースNews一覧

2021-06-01定期健康診断事後措置の意見(就業判定)について
弊社では労働安全衛生法に基づき、定期健康診断の結果を受けた就業判定を医師が行っております。大規模事業所から、産業医の選任義務のない50人未満の事業所まで、規模に関わらず迅速に施行が可能です。お気軽にお問い合わせください。
2019-09-01 こころの相談窓口について
弊社「こころの相談サービス」契約中の企業の従業員様へ:相談希望の方は弊社ホームページの「お問い合わせ」から企業名、相談者様の氏名、連絡用のメールアドレス、相談内容をご記入のうえ送信してください。
2019-01-01グループ内で精神科心療内科のクリニックを開院
平成30年12月より奈良県の王寺町にて精神科心療内科のクリニックを開院しました。どうぞよろしくお願いいたします。「奈良王寺メンタルクリニック」https://naraoji-mental.jp/
2018-03-01 レンタルスペース始めました
弊社事務所を改装し、一部スペースを会議室、面談室として整備しました。未使用時にはレンタルスペースとして開放いたします(有料)。最大18名まで会議や研修、セミナー他、種々目的でお使いになれます。
2017-11-01 ストレスチェックのスポット面談について
ストレスチェック面談は事業場の産業医がすることが一般的ではありますが、産業医が遠方、専門外、いない、などの理由で実施できないことがあります。弊社では所属医師により、面談のみの実施も可能です。
2017-04-01ストレスチェック実施の支援
 弊社はストレスチェックの実施の支援を行っております。実施から結果通知だけでなく、所属医師による医師面談も対応可能です。ストレスチェックを導入・検討中の企業担当者様はお気軽にお問い合わせください。
2017-01-01産業医・顧問医業務の受託について
労働安全衛生法に基づく企業の安全衛生管理体制確立の支援を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
2015-05-07 ご挨拶
初めまして。株式会社こころソリューションです。 「人々が健全な心で本来の力を発揮する」ことに貢献したい、という思いで平成27年4月、設立に至りました。 どうぞよろしくお願いいたします。 右、ピックアップにも記載いたします。ご覧ください。
ホーム > ピックアップ > 職場のがん対策の重要性

職場のがん対策の重要性Pickup

 現在、がんは日本人の死因原因の1位ですが、とりわけ40~80代の世代の死因として最も多くなっています。国民の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています。 

 現代の日本ではがん患者の約3割が現役世代です。ですが会社員ががんと診断されると、そのうち約3割が離職しています。特に問題なのは、このうち約4割が治療が始まる前に会社を辞めてしまっていることです。治療を続けながら働くことができたかもしれないのに、その前の段階で辞職することは本人だけでなく、会社、ひいては社会全体にとっても大きな損失です。
 現実には、がんが治れば、一部の例外を除いて、元通りの生活に戻り、仕事も以前と同様にできることが多いのですが、このことを本人や経営者を含めて社会全体で共有する必要があります。

 また、近年は女性の社会進出が進み、女性が仕事を持つのは当たり前になったと言えます。女性のがんの内容として、乳がんは40代、子宮頸がんでは30代にピークがありますが、これは会社に若いがん患者が増えることを意味します。
 一方、男性では50代後半から急にがんが増えます。今後定年が65歳まで延長されれば、これまでは退職後に発見されていた男性のがんが現役会社員のがん患者として増えることになります。
 つまり、女性の社会進出と定年延長は、会社員のがん患者を増やすことになるのです。

 がんを発症した社員が仕事を続ける上でポイントとなるのは、まず同僚や上司など周囲の理解です。そして、患者を対象とした調査でも、本人には「これまで通りに接する」ことが大切だと言えます。そのうえで職場でのがん検診の受診率の向上や、過度の偏見にとらわれないがん患者の就労支援体制の構築が望まれます。

このページのトップへ